成果が出なかったのは◯◯◯◯してなかったから


「○○な人の特徴○選」
みたいなありがちなタイトルになってしまいましたがww、

30代半ば、後発組としてこのビジネスに参戦して、
まぁ何度も挫折しながら、

1年かけてなんとかゼロイチを達成した僕が、
なぜその壁を越えられたか?

なかなか越えられなかった原因は
何だったか?

をお伝えしたくて。

このブログはサムネ画像こそ
イキってオシャレな感じにしてますがww、

そもそものスタンスとして、
フリーランス最高ー!とか
月収○○○万で自由な生活!みたいな

キレイな部分しか見せないキラキラした発信は
ク◯くらえだと思っているので、

このビジネスの泥臭い現実の部分も
ちゃんと知ってもらった上で、

だからこそ再現性があるってことを知ってもらえる
ような発信をしたいと思ってるんですね。


このブログでは

「情報発信ビジネス」
「コンテンツビジネス」

に関する情報が中心で、
僕自身もその稼ぎ方をしているため、

・これからそのビジネスを始めようとしている人
・ビジネスを実践しているが稼げてない人

向けの記事が多くなっています。

で、中でも

「情報発信ビジネスを実践しているが初収益がまだ」

という状態の方からよくDMやLINEでご相談をいただくんですが、
そのほとんどが、

・毎日記事を書いているのになぜ稼げないのかわからない
・教材を買って勉強してみたが解決策が分からない
・相談できる人がいない

といった内容なんですね。

要は「がんばってるのに成果出ない」パターンで。

で、その方が運用しているブログやコンテンツを
拝見させていただくんですが、

「あーーー1年前のワイと一緒やわww」

と、悲しくも嬉しくもなったりします。

なにが一緒やねんwというと、
まぁあえて少し極端に言いますと、

「何も考えずにただ自分のアウトプットしてるだけだなー」

としか思えないような発信が多いんですよね。

いや正確に言うと本人は至って真面目に、
色々と頭を抱えて悩んで、5回くらいリライトしながら、

結果としてそういう発信やコンテンツになったと思うんですが、

場合によっては開いた時点で

「きっとそれでは成果にはならないよー・・・」

と思えるようなコンテンツなんかを
「これで正しい」と思って運用してしまっている
人が多いわけですね。

で、ですね。

相談を受けて、
どうやってコンテンツを作っているのか?
どうやってツイート作っているのか?

ってことをその方に聞いてみると、大半の方は
結果を出せなかった当時の僕と全く同じ、

「共通の原因」を抱えていました。

しかもその共通点というのは本来、

成果を出していく上で避けては通れないこと

なんですが、それを無視したり甘くみて実践すると、
一向に結果を出せないような状況に陥ってしまうんですね。

つまり、
結果を出せない「原因」の多くは、


その「重要なポイント」を無視or軽視しているから
なわけです。

ちなみにその原因とは
「ライティング力」とか
「SEO対策」とか
「記事数」でもありません。

そんなことよりもっと前段階の、
難しいスキルも複雑な知識も全く必要ない

原則的な事だったりします。

情報発信ビジネスで稼げない人に「共通」する不可避ポイント

情報発信ビジネスで稼ぐ上で、
まず最初に抑えるべき重要なポイント。

それが「リサーチ」です。

と言うとまぁ、

「こんだけ引っ張っといてリサーチかい!!」

と思われるかもしれませんが、
そういう人ほどここが出来てなかったりするので、

その中でも特に大事な「顧客理解」を中心にお伝えしたくて。

成果を出せなかった頃の僕も、僕がこれまで相談を受けてきた
「ゼロイチ突破できない人」も、

特にこの「リサーチ」を軽視している
傾向にあります。てかほぼ100%。

リサーチをあまりやらないということは、

「実績のないゼロの初心者」なのに、
「見込み客」や「売っていく商品」のことを

よく知らないまま、「この方法で稼げます!」とか
言っちゃってるわけですからねw

と、知ったかぶりでできるほど甘くないので、
アフィリエイトにしろ何にしろ

情報発信ビジネスでゼロイチを達成できないときは、
自分ではリサーチをしている“つもり”でも

実は全くできてなかったりします。

・同ジャンルで発信している他の発信者のブログを10記事くらい読む

・同ジャンルで発信している他の発信者のメルマガを8割くらい読む

・それを数人分やる

くらいのレベルで終わってないでしょうかって話で。

確かに、そうやって他の発信者の
ブログやメルマガをリサーチする事でその人が、

・どんな商品を売っているのか
・どんな記事を書いているのか
・どんな教育をして、また成約に繋げているのか

といったことを把握できるので、
実践していて参考になる事は多いかと思います。

でも言ってしまえばそれだけの話で、
ネット上のメディアや仕組みを介して

見込み客から反応を獲得し、
そこから「利益」を得るためには、

リサーチするべきものは沢山あるんですね。

・自分の発信ジャンルの特徴と傾向
・ターゲット(見込み客)の抱えている
「悩み」や「欲求」
「不安」や「痛み」
求めている未来像(ベネフィット)
・自分や競合の商品そのものの
メリットやベネフィット
デメリットや欠点

基本的な一部だけでもこれだけあり、
これらを抑えずに実践しても、

「誰に何をどうやって売っていけばいいのか」

という部分が定まるわけもなく、
明確にしないまま実践を続けていく事で、

「誰からも振り向かれないし、興味も抱かれない発信(や商品)」

が出来上がってしまうわけですね。

上記のようなポイントを抑えていけば必然的に、

「自分が稼いでいく為にはどんなコンテンツを作り、
どんな見込み客にどんなアプローチをしていけばいいのか?」

という基本的な戦略が固まってくるわけで。

結果を出せていない多くの人は、
その「基本」がまったく固まっていません。

建物でいうと基礎の部分ですね。
これないと建ちようがないわけです。

情報発信ビジネスでいうと
「稼ぎようがない」という状態。

「誰に何をどうやって売っていくのか。」
という基礎がないので、

「じゃあその為に何をどうしていけばいいのか。」
なんて分かるはずがありませんからね。

無理ゲーですよねw

「じゃーリサーチさえやれば利益出るんかい!」

と言いたくなるでしょうがww、

まぁ初心者のゼロイチ突破に関しては、
ほぼそれでいけると言ってもいいかもしれません。

なぜなら、先ほども伝えた通り、
多くの駆け出しの発信者がこの

「リサーチ」と「基礎づくり」を軽視しているので。

ここを徹底して抑えていけば、
そこを軽視している大半の実践者を

一気に全員ぶち抜いていけますからね。

まず抑えるべき「見込み客のリサーチ」

特に、そのリサーチの中でも重要なのが、
「ターゲット(見込み客)」のリサーチです。

「ターゲット(見込み客)のリサーチ」=
「見込み客の事を理解する事」です。

例えば「ダイエット系」の発信で、
「見込み客」は必然的に「痩せたい人」になります。

ただその人の属性や置かれている環境によっては、

「どんなメリットやが心に響くのか?」
は変わってきます。

「産後太りで悩んでいる人」をターゲットにした場合は、
「子育てで大変で忙しい、時間がない」という背景があるので、

優位性やメリットを伝えていく上で、

「有酸素運動で基礎代謝を上げて健康体に〜」

よりも、

「1日15分のストレッチでできる◯◯〜」
「1ヶ月でウエスト~3cmする方法〜」

だとか、そういった言い回しの方が反応は
もらえますよね。

「メタボで健康診断に引っかかったサラリーマン男性」
「体重は減らしたくないけど足痩せしたいOL』

一口にダイエットと言っても、
それぞれが求めるものは違いますね。

で、考えてみてほしいんですが

会った事も話した事もない

「知らない人」に対して、

「その人が求めるモノ」を提供できますか?

ってことなんですね。

「30代のサラリーマンがターゲット」

だとして、じゃあ今日駅ですれ違った
30代のサラリーマンの人が求めてるもの
わかりますか?で、わからないじゃないですかw

いきなりその人にコンテンツかサービス売ってこいって
言われても、「いや、その人なにがほしいかわからんやん」
ってなりますよね。

それはみんなわかるのに、ビジネスやるってなると
なぜかやってしまう。

情報発信ビジネスで稼げない人の、

「見込み客の事を理解しないまま発信する」
「見込み客の理解をスルーしていきなりブログ作って記事を書いていく」

ということをしてしまっている人は
まさに無理ゲーに挑戦してしまっているので。

実績もない人がしかも売りたい相手の事を知らないまま
「感覚」で実践して結果が出るほどビジネスは甘くありません。

甘くなかったですw僕の経験上w

だから「情報発信ビジネスで稼ぐ」ためには、
見込み客の事をリサーチして、


「あなた自身が見込み客の事を理解する必要」があるわけです。

「見込み客の理解」が必要不可欠

だからこそ例えば「稼ぐ系」の情報発信でも、
ただ漠然と「ネットビジネスで稼ぎたい人」ではなく、

見込み客が、

・どんな悩みを解消し、どんな欲望を満たしたいのか。
・ネットビジネスをやる目的は何なのか。
・ネットビジネスのどんなところにメリットを感じるのか。

といった部分も徹底的に掘り下げていかなければなりません。

それらを徹底的に掘り下げていけば、自ずと、

・どんなネットビジネスが向いているのか。
・逆にどんなネットビジネスが不向きなのか。         
・その人はどんな言い回しやどんなアプローチが魅力的に感じるだろうか。

という「答え」に近い部分も理解わかるようになってきます。

なので、あとは「そこをピンポイント」でついていけば、
漠然とした状態のまま感覚で情報発信していくよりも、

反応率は格段に上がり、
それがそのまま商品の成約に繋がってくるわけです。

そうなれば、
別に「人の心を動かすライティング術」なんてなくても、
反応を獲得して、ほしい結果に繋げていく事は可能になるということは、

ここまで読んでくれたあなたならもう理解できているはずです。

情報発信ビジネスで「稼げない人」が多発している

「まずはとりあえず記事をガンガン書いていきましょう!」
「とりあえずレビュー記事を書いて強い特典をつけましょう!」

みたいな発信や教材もいまだに見かけますが、

「見込み客を知る事・理解する事」

の重要性を理解していない典型なので。

それじゃあ稼げないし、
だから稼げない人が大勢いるんです。

そっち系の教材で数十万溶かした僕が言うんで
間違いないですww

情報発信ビジネスは
「読み手ありき」つまり「見込み客ありき」のビジネスなので、

そこを無視して情報発信しても結局「自己満」で、
何の結果も得られないまま時間だけが過ぎ去ってしまいます。

こんな事やってたら、
相当な時間と労力を浪費します。

僕は1年ロスしました。

「見込み客となる人を固め、そこに対する理解を深めていくリサーチ」

徹底的に行っていくかいかないかで、
得られる「結果」はガラッと変わってきます。

しかもリサーチには基本的に金銭的コストも、
難しいスキルも複雑な知識も必要ありません。

「やるかやらないか。」これだけの違いなので。

だからこそやる人が勝っちゃうんですけど。

メリットしかないんですけど、軽視してやらない人が山ほど
いるので。

ちなみに僕は無料コンテンツなどで
リサーチのやり方はもちろん、

リサーチに基づいたTwitter運用方法や
コンテンツのつくりかたを発信しているので、

・ターゲットとなる見込み客が抱いている悩みや欲求は何なのか?
・どんな見込み客にどんな商品をどうやって売っていけばいいのか?
・それらを明確にしていくには具体的に何をどうすればいいのか?

あたりで壁にぶち当たってる方は受け取ってみてください。

「あなたの発信やメディアに
狙った属性の見込み客を集めていくこと」

可能になります。

「誰からも振り向かれず興味を興味を持たれない発信」

を構築してしまう前に、

つまりあなたの時間や労力をムダ使いしないためにも、
ポイントを抑えてビジネスを実践していきたいですね。

ピックアップ記事

  1. LINE登録者限定プレゼント【Twitter集客爆速スタートセット】
PAGE TOP