コンテンツの出口は常にひとつにするのが鉄則


読者を行動させる出口戦略

このビジネスにおいて、
ひとつひとつの発信の
「共通のゴール」は

「行動してもらうこと」

というのはご存知の通り。

そういえばそうだったな…

と思い出された方も
いるかもしれません。

そこで今回は、

行動させるコンテンツ

を量産するための原則

「One Content One Massage」

についてサクサクっとお伝えします。

※決して英語イキりではないです

発信の目的がブレてませんか?

情報発信ビジネス
コンテンツビジネス

で言うところの「行動」とは、例えば

・ブログやYoutubeに訪問してもらう
・メルマガに登録してもらう
・LINEに登録してもらう
・次の〇〇の記事を読んでもらう
・商品を買ってもらう
・無料プランに申し込んでもらう

などなど、

仕掛ける側の目線で言えば、

「行動させてなんぼ」なわけで、

そのための記事であり、
動画であり、ツイートであるわけです。

すべては「こちらが取ってほしい行動を取ってもらうため」で、
そうなってなければいけないわけで。

読んでもらうだけで満足な
芸能人の日記的なブログや趣味の発信と、

ビジネスでの情報発信との
決定的な違いもそこにあります。

「行動してもらう」ためには
当然「最後まで読んでもらう」ことが
必要な場合も多く、つまり

「途中で離脱されないで」且つ
「こちらが取ってほしい行動を
 取ってもらうこと」

がゴールとなります。

「最後まで読んでもらえてんの?」
「途中で離脱されてない?大丈夫?」

を数値化したものの一つが「離脱率」
だったりするわけですが、

今回は小難しい数字やデータの話ではなく、

「行動させるコンテンツ」をつくる上での
気を付けるべきたった一つの
原則(テクニック)あるんやで

という話。

(Not Readの話ではないのでご安心くださいw)

これを知らずに
ツイートしたりコンテンツつくったり
ブログ書いたりしてしまうことで、

自分が伝えたいことが伝わらない
そもそも読んでもらえない

結果としてもちろん行動してもらえない
という現象が起きまくります。

せっかく苦労してつくったもの
どうせならたくさんの人に
最後まで読んでほしくないですか?

僕はこれを意識するだけで、
そこんとこ劇的に変わったし、

“読んでもらえても行動してもらえないコンテンツ”
は無数に市場にある

ということがわかるように
なったんですよね。

世の中すべてコンテンツ

この世のほぼ全てのものは
「コンテンツ」から成り立っています。

ブログもメルマガもYouTubeもツイートも
映画も漫画も小説もテレビもアニメも。

ネットの世界だけではなく

履歴書も職務経歴書もプレゼン資料も
企画書も会議の資料も営業トークも

1対1での日常会話だって、

全てが「コンテンツ」です。

つまり、コンテンツを理解していて
「価値あるコンテンツ」を作れる人は、

どこで情報発信しても
当たり前のように成功するし、

映画・漫画・小説・テレビ・アニメなど
どの業界でも結果を出すことができる。

そういう世界線だということを
最近身をもって体感しています。

コンテンツとはなんぞや?

がわかっていれば
情報発信スキルを必要とする

個人や企業に対してコンサルして
結果を出させることだってできます。

僕も脱サラ後は企業へや店舗へアドバイスできる
コンテンツマーケターを目指しています。

さらに、
そういったビジネス面だけに止まらず、
「価値あるコンテンツ」を作れる人は、

履歴書・職務経歴書・プレゼン資料・
企画書・会議の資料・営業トーク、

などなど会社での仕事でも
余裕で結果が出せます。

価値あるコンテンツを理解してれば
魅力的な履歴書が書けるし

面接でも魅力的な自己アピールができて
採用される確率も飛躍的に上がる。

僕なんてまだまだヒヨッコですが、

情報発信ビジネスを勉強実践したことで
本当に本業で無双してます。

「資料が命」の古い会社の中なので、
まぁ良い資料(コンテンツ)を作れて、
良いプレゼンができれば、評価上がるじゃないですか。

会社辞めようとしてるのに評価が上がるっていう
カオスな状況なんですw

コンテンツを理解してる人としてない人では、

企画書作り・会議の資料作り・営業トーク
などなどのクオリティが全く変わるので、

コンテンツを学んでない人と
圧倒的な差をつけることができます。

コンテンツを理解していれば、
シンプルに「仕事ができる人になれる」
ということですね。

繰り返しになりますが、
どれをとっても「コンテンツありき」で
成り立ってるからです。

そりゃ価値あるコンテンツ作れれば
人よりも良い仕事ができるのは当然ですよね。

さらに、
ビジネス面や仕事面のみならず
「プライベート」でもコンテンツというのは
とてつもなく大きな力を発揮します。

1対1の人との会話もすべて
「コンテンツ」から成り立つので、

価値あるコンテンツを理解してれば
面白い話をして相手を楽しませることができるし

今日はじめて会った人をその場ですぐに
自分のファンにすることだってできます。

僕自身、かなり人見知りでしたが、
「コンテンツ」を学んでからは


「こう発信すればこういう反応がくる」という
自信みたいなものを持てるようになり、
初対面の人とも普通に話せるようになりました。

人が価値を感じるコンテンツには
ある一定の法則があるし、
ある一定の型が存在していて、

コンテンツを理解してるだけで
ほぼ全ての問題は解決してしまう、
と言っても過言ではないんですね。

そんな風に、
価値あるコンテンツを生み出せる人の元には
時間もお金も人脈も情報も、
全てが集まってくる。

なんてこともわかるようになってきて。

価値あるコンテンツの1つの共通点

じゃあ価値あるコンテンツってなんなのか?

いよいよ本題ですがww

読者に狙い通りの行動を取ってもらう、

つまり価値あるコンテンツには
大きな特徴が1つあります。

それが

【One Content One Message】
(ワンコンテンツ・ワンメッセージ)

です。

※英語イキリではないです

日本語で言えば
「1つの情報の中に1つの主張」。

つまり、1つのコンテンツの中で
主張は1つだけ入れる、ということ。

「え?…それって普通じゃ…?」
と思った方は、ご自分のコンテンツ、
他の人のコンテンツを改めて見てみてください。

例えばブログであれば、

「1つの記事にあれもこれも書いて
 結局何が言いたいのかわからない」

という記事を書いてしまうこと。

これやってる人

めちゃくちゃ多いですw

例外なく僕もそうでしたし、
今もやってしまいますww

伝えたい!!って気持ちが先行して、
あるいは〇〇〇文字書かないと…みたいな
本質からズレた心理が働くことで、

あれもこれも書きまくってしまう。

そんな記事は誰にも読まれないし、
残念ながら誰にも価値を感じてもらえないし、

そして行動されない。

価値あるコンテンツの特徴の1つである
「One Content One Message」が
きちんと理解できていないからですね。

ツイートですら、
たった140字しかないのに
複数の主張してしまっている人

めっっちゃ多いです!!ww

洪水なんですよね!
140字内に2つも主張あると。

たまに3つのパターンも見かけますね…

人に言われたら気づいて直せるんですが、
自分が夢中になって書いてるときって
そのことが頭から飛んでしまっていて、

「あれもこれもとにかく書いてやれ!!どやっ!!」
みたいな記事になってしまいがち。

それだと絶対にファンはつきません。

逆に言うと、この
「1つの情報内に1つの主張」を意識して
書くだけで一気に結果が変わる人もいたり。

まぁ単純にめちゃくちゃ読みやすくなりますからね。

顧客ファースト、読者ファーストですよ。

これを意識して過去の記事を全て修正したら
月間アクセスが5倍になった人とかいます普通に。


たったこれだけを意識するだけでも
大きく結果が変わるわけです。

今まで意識できてなかった人はぜひ


この「One Content One Message」を意識して
コンテンツ作りをやってみてくださいね。

本業でも死ぬほど役立ちます

会社の資料づくりや説明をするときも
【主張は1つ】を意識するだけで、

鬼わかりやすく伝わるものができるので
ぜひ活かしてもらえたらなと思います。

慣れれば意識しなくてもできるようになります。
最初のうちはめちゃくちゃ意識してみてください^o^

今回僕がこの記事で伝えたかった

「One Massage」は何だったでしょうか?

人のコンテンツを見るときにも
この視点で分析してみてください。

それだけでインプット効率が鬼上がります。

無意識でできるレベルまで落とし込んで
価値あるコンテンツを量産していきましょう!

ピックアップ記事

  1. LINE登録者限定プレゼント【Twitter集客爆速スタートセット】
PAGE TOP